カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 この日は東京の仕事を終えたのち浅草にある「世界のカバン博物館」に顔を出しました。

20191112-883798_535136443197110_1769253315_o.jpg

 ご存知の方もあるかもしれませんが、鞄メーカーのACE株式会社が2010年にオープンしたもので世界の550点のカバンが収蔵されており、カバンを通じて大昔からの歴史や、人間の暮らしとの深いかかわりを知り多くの人にカバンの世界を身近に感じてもらおうと設立されたものです。
 この博物館からはACE株式会社の創始者新川柳作氏のカバンに対する情熱が伝わってきます。
入場料は無料で良心的、博物館の入り口正面には「今に見ていろ僕だって、見上げるほどの大木になって見せずにおくものか」と新川氏の小学校2年時の教科書で学んだ精神が大きく掲げられています。

20191112-IMG_20191109_101523.jpg-1.jpg

 展示の中には柔道の山下泰裕氏、卓球の福原愛さん、サッカーの香川真司さんの愛用したキャリーバッグも展示してありました。
 僕も現在の日常がカバンと身近な毎日ですのでつい興味津々でした。

 夕方から名古屋に戻って毎年恒例になっている法政大学愛知県校友会に参加しました。
 今年は元NHKのアナウンサーで現在法政大のスポーツ健康学部の教授を勤めておられる
山本浩氏の「アスリートは大地が作る」というタイトルの講演から始まりました。

20191112-IMG_20191109_183046.jpg-1.jpg

 かつてNHKのテレビで頻繁に見かけた山本さんの声が懐かしくまた興味深い話の内容にも引き込まれました。

20191112-IMG_20191109_205729.jpg-1.jpg 20191112-IMG_20191109_205455.jpg-1.jpg

 そして懇親会、応援団リーダーの指揮のもと最後は校歌の大合唱で盛り上がりました。
 その後の二次会では後輩でもある衆議院議員青山周平氏と隣り合わせでラグビー談義をはじめ共通点も多く話が弾みました。
青山氏は現在、文部科学大臣政務官を勤め、東京オリンピック・パラリンピック担当、また復興大臣の政務官の役にも付いておられます。
 氏の地盤は岡崎市や西尾市で僕の積水ハウス時代の担当エリアでもあり、岡崎の話でも盛り上がりました。
 先回の選挙で落選を経験しましたが、繰り上げ当選して人間的にも大きく磨きがかかった感じがしました。(隣に座っておられた奥様の内助の功も大いにあります)

 この日もすっかり親しくなった諸先輩との出会いもあって充実した1日が過ごせ感謝の1日でした。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 東京での仕事の後、東京ビッグサイトで開催されている「東京モーターショー」へ顔を出してきました。
「東京モーターショー」は世界で行われる5大モーターショーの一つで主催は日本自動車工業会です。

20191028-yjimage.jpg-786987.jpg 20191028-yjimage.jpg-657657.jpg

 若者の車離れなどの社会現象が影響してか一般の入場料2000円に対して18歳未満は無料という配慮がなされていました。(そのせいか、若い人たちも多かったような感じがしました)
 また驚いたことにはトヨタの車が本来置かれているブースに車がありませんでした。
モーターショーの在り方がかつてと違う方向へと変化していることが伝わってきました。
車を見る場というより車を囲みながら生活を楽しむ場へと転換している、まさにそんなイメージです。
 時代とともに一世風靡した車が絶対的な物でなくなっているような、そんな感じがしないでもありません。

20191028-yjimage.jpg-978458.jpg 20191028-yjimage.jpg-9977543.jpg 20191028-yjimage.jpg-555442.jpg

 振り返れば東京モーターショーの歴史も長いものがあります。
1954年「全日本自動車ショー」と名売って始まったのが最初でした。
そして1991年には来場者の数は201万人の最高値に達しました。
ところがその年をピークに徐々に来場者の数は下降線をたどり、先回は77万人でした。

 そんな中でしたが空を飛ぶ車や、「魔法のほうき」型の車などユニークで夢のある車の展示もありました。
 車の将来性を考えての子供たちを対象とした「キッザニア」、車にペイントを施すお遊びコーナーや、車をデザインする仕事を体験するモノ、警備ロボットなど、今後を見据えた展示物も目立ちました。

20191028-top_c_kidzania.jpg

 過去来モーターショーといえば車とコンパニオンを自分のカメラに収めるのが楽しみという人も多かったと記憶しますがそんな形が違う形に変化してもいますね。(確かにそういったお目当ての方も見かけはしましたが…)
 全体にモーターショーが観客が楽しむものへと変わってきているように思われました。
また参加型イベントの様相を感じさせるものでもありました。

 我々住宅業界のイベント、例えばOBのお客様向けの「感謝祭」などももっとお客様参加型であるべきなような気がしてなりません。
 また「モノ」から「コト」へと住まいの在り方の変化もしっかりと認識したうえで、展示場の在り方やプランニングなどの対応も考えていきたいものです。

 そしてまた昨今の大きな自然災害に対して、我々が提供する住まいが人と暮らしを守るシェルター的役割を担うものであることも忘れないでおきたいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 若き友人、地球写真家石井友規君が先日オフィスを訪ねてくれました。
今回は初めての4K映画にチャレンジしたとのことです。
タイトルは『時の糸ぐるま』、何でも2年間かかって完成に至ったそうです。
10月22日の天皇即位がテーマにもなっています。
 今回彼がメールで予告編を送ってくれました。
素晴らしい映像です。
彼の情熱があふれていて、静かに、強く心に伝導してきます。
とても綺麗です。
どうか皆さんもご覧になってください。



 地球写真家の石井君と知り合って10年以上になるでしょうか。
かつてヨットで北極へ行ってきた過去も素晴らしい冒険だったと大変評価しています。
毎年、年末には僕のオフィスを訪ねてくれますが、その純粋さには魂を奪われます。

 僕も心の中で彼のサポーターになっていて応援もしています。
何でもこの『時の糸ぐるま』は海外の映画祭にも出品を考えているそうで、ますます期待が持てそうですし、夢が広がっていきます。
「内助の功」といいますか、奥様もデザイナーであられ彼の作品にはいろいろと協力している形が出てきます。(こういったところも感動ものです)

 この作品(映画)を契機に彼が一躍有名になってしまうような感じも正直しています。
ちなみにこの10月27日から一般公開をするそうです。
まずは彼の現在住んでいる徳島から上映の旅が開始されます。

 地球写真家石井友規君のロマンに満ちた『時の糸ぐるま』、もし皆さんの目に触れるような機会があれば、ぜひご覧になってみてください。

 心が洗われるような、彼の世界の魅力を感じるはずです。
そしてまた純粋で透明感のある彼の優しさが溢れています。
つい涙が頬を伝うかもしれません・・・・。
 


カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 暑い毎日が続く中で、さわやかな笑顔に感動でいっぱいになりました。
この8月の二日間はついつい深夜のテレビ中継に疲れた目が釘付けになってしまいました。

20190808-201908040000351-w500_0.jpg

 まさかまさかの渋野日向子さんの大活躍、初めての海外ツァーというのにも目標としていた予選を難なく通過、決勝ラウンドの3日目もあれやあれやで単独の首位に・・・そうなれば期待も膨らみます。
 最終日も眠い目をこすりながら午前3時過ぎまで夜更かし・・・(当然です)

 3番ホールでダブルボギーを打った時にはもうダメかなとテレビを切ろうとしたのですが、渋野さんの持っている何かがそうはさせませんでしたね。
「スマイリングシンデレラ」と名付けられた彼女の魅力が僕の体力を奪いながらも(何かやってくれるに違いない)と思わずにはいられませんでした。

 楽しいですね。
彼女のゴルフは実に見ていて楽しいです。
ファンに対するサービス(本人はそう意識していないのでしょうが…)の数々、気軽に写真撮影や、グータッチ、お父さんが作ってくれたおにぎりをおいしそうにほおばり、駄菓子を食べながらの、緊張感や悲壮感が襲ってくるのが違いないはずなのに見ていてまさしく楽しいラウンドは観客たちを和ませゴルフの楽しみを更に高めてくれたのに違いありません。

20190808-yjimage.jpg-55576.jpg 20190808-yjimage314X0TRM.jpg 20190808-yjimage.jpg-00097.jpg

 インタビューでは、おそらくは天然なんでしょうが「食べたものが出そう」とか「賞金で一生分のお菓子を買いたい」とか意表を突く答えもユニークでしたね。

 最終ラウンド 10番ホール バーディ で反撃ののろしを上げ
 12番ホールは パー4を勝負でワンオンに成功 イーグルは逃すが余裕のバーディ
 13番ホール 難しい下りのラインを沈めてバーディ
 15番ホール 5メートルのラインをしっかりと読み切りバーディ
 最終ホールの18番ホールはまさかの下りのスライスラインを強めに打ってカップインバーディ。「勝ったぁ優勝!!素晴らしい!!」

20190808-yjimage3ML3U4K4.jpg

 20歳の新鋭がいきなりの樋口久子さん以来の何と42年ぶりの世界制覇です。

 海外ファンもメロメロ、「スマイル・シンデレラ」は米放送局でもストリーミングだけで200万回を超える視聴回数を記録、目の肥えたゴルフファンをも興奮させていたのです。
 改めて彼女の明るさ、すてきな「笑顔」に敬意を送りたく思います。

20190808-yjimage.jpg-777775.jpg

 「笑顔」は何よりのコミュニケーションですね。
人は笑顔を相手に見せることによって「私はあなたに害を与えるものではありません」と表現するのでしょう。
 僕も厳しかったマネージャー時代の眉間のしわが邪魔をしますが、もっともっと渋野さんを見習って「笑顔」を増やしていかなくてはなりませんね。

 渋野さん感動をありがとう!!
深夜までテレビにくぎ付けで疲れましたがとても気持ちの良い疲労感でしたよ。

 僕ももっともっと全国の仲間に勇気や感動を与えていきたく思います。
仕事を通じて生きている実感を、感動を是非とも共有したいものです。
 
 
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 かつて積水ハウス時代に社内旅行で沖縄を訪れた際、各チーム対抗の余興で「貫一お宮」を演じた事があります。
「金色夜叉」ですね。尾崎紅葉の代表作でもあります。
当時の積水ハウスは伸び盛りの企業で活気がありました。
大爆笑を頂きながら「大喜劇」で社内旅行を大いに盛り上げた事が記憶に残っています。

20190804-75px-静岡県熱海市市章_svg.png 20190804-Atami_city_night-View.jpg 20190804-1C727B30C34C1DF106634220F7CC3367.jpg
 
 その舞台「熱海」に1泊二日の小旅行ですが妻と二人で来ています。
かつては新婚さんたちも多かったことでしょう。
なんと、市章に温泉マークが入っているんですね。
温泉としては古く奈良時代に端を発するようです。
かつては5万人を超える人口時もあったようですが今や人口減少で3万6千人、静岡県の最東部に位置する情緒ある温泉街であることには変わりはないようです。
 車で走るとよく理解できますが熱海の街は道路幅が狭く高低差も大きくドライバー泣かせですね。

20190804-s9_0024690.jpg 20190804-s9_0024695.jpg

 かつてと比べて観光スポットも変化してきてますね。
山際ではパラグライダーも見かけました。
高台にあるMOA美術館に顔を出してみましたがここはなかなか印象的な見どころですね。
徳島の「大塚国際美術館」とアプローチ部分がよく似ていて趣がありました。
イントランスを登り切ったところにある天井を覆いつくす万華鏡は見事です。
多様な色に変わっていく様はつい目をくぎ付けにしてしまいます。

  そんな中宿泊先のおもてなしに癒しを感じました。
ちょっと時期尚早かもしれませんが、ひたすら走ってきた人生そのものの癒しを求めているようなそんな自分がいることを感じることがあります。

20190804-Y394094132.jpg 20190804-Y394094001.jpg 20190804-278909090.jpg

 美味しい食事や、温泉の湯もさることながら、おもてなしをしてくださる人の対応がいつも気になります。
室内外の感性にアピールするつくりも心を打ちます。
言葉がけや、しぐさの一つ一つが付加価値を高めているように感じることがあります。
いかに顧客を思い、満足から感動への対応を考えていくか・・・それによって宿の付加価値を高めていくかが重要な気がしてなりません。

 決して価格だけで測られるものではなく、人の温もりを感じさせるモノに感動を覚えることがあります。
 ドライな対応からもう一つレベルアップした「人のふれあい」が感じられる宿にはまたどこかで足を運ばせていただきたいと思う気持ちになるものです。

「住宅会社顧問」として、また「住宅コンサルタント」としての自分の存在価値もそんなところにスタンスを置きたく思います。

カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 偶然ですが「コモアしおつ」が民放テレビで最近放映されていました。
ご存知ですか?「コモアしおつ」
とてもユニークな分譲地です。
…とはいうもののとても販売に苦戦した販売物件でもあります。

20190731-img_0_m.jpg 20190731-img_1_m.png
 
 実は山梨のマチュピチュとも呼ばれ、実はあの宮崎監督のアニメ「千と千尋の神隠し」の映画の舞台となった場所としても知られているんです。
 「コモアしおつ」は山梨県上野原市にあるニュータウンでバブル景気の真っ最中1987年青木建設が造成をはじめ1991年から積水ハウスが共同で分譲を開始しました。
 当時の価格が驚きの価格で東京への通勤圏ということで販売当時坪40万円、土地・建物で5000万から7000万円で販売されていた時期がありました。
 
 僕が赴任したころはバブルがはじけていてとてもそんな価格では販売できなく坪8万円で販売するのがやっとの状態となっていました。(バブル時代はほんとに異常でしたね)
 売れば売るほどに土地は赤字、販売に苦戦した思い出深い分譲地です。

20190731-sentochihiro1.jpg 20190731-201206080713319d0.jpg

 また途中で青木建設が倒産となり全体の分譲地管理は積水ハウスにゆだねられることになりました。
バブル時代のマンション用地を戸建て用地に切り替えたことで地域住民の方々から訴訟を受けたことも今では懐かしい思い出です。
ただし、2年間の間毎月1度の話し合いは感情的なものには発展せず、役員改選の時期に合わせてお互いの妥協点を見つけて僕の支店長時代に解決に至りました。
じっくりとお互いの意見交換をしたことが解決の原因だといえます。

20190731-yjimage.jpg-05243.jpg

 この分譲地、JR中央線の「四方津」駅から斜行エスカレーターで登っていきます。
日本一長いエスカレーターでもあります。
 上に上がれば閑静な分譲地、自然に恵まれゆったりとしていて1200世帯、3500人ほどの人が暮らしておられます。
今や皆さん方、この分譲地にすっかりと溶け込んで生活を楽しんでおられるといった雰囲気です。

 振り返ればこんな分譲地もあっていいですね。
今では夢を感じさせられる付加価値の高い分譲地だといえます。
いい分譲地つくりをしていきたいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 世界の国民の幸福度ランキングが発表されました。
昨年に続きトップはフィンランド、日本は2つランキングを下げて58位という結果でした。

20190725-yjimage.jpg-774645.jpg 20190725-yjimage.jpg-035467.jpg

 ちなみに2位以下はというと・・・・・
2位 デンマーク
3位 ノルウェー
4位 アイスランド
5位 オランダ
6位 スイス
7位 スウェーデン
8位 ニュージーランド…という順です。
参考に アメリカは19位、ドイツは17位、フランスが24位、ロシアは68位、中国が93位といった結果です。

 世界の幸福度に関する報告書は国際幸福ディに合わせて、国連の諮問機関「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」が7年前から毎年まとめています。
気になるのはその基準ですが・・・・・この基準はというと「所得」「自由」「信頼(汚職のなさ)」「健康寿命」「社会的支援」「寛容性」の6項目を幸せの主な指標としていて世界156か国の幸福度を比較しているのです。

 日本は2015年度が46位、2016年度が53位、2017年度は51位、2018年度が54位で今回が58位とここの所順位を落としてきていて気になりますね。

 1位のフィンランドは国内に暮らす移民の幸せ度も世界トップとなっています。
また日本が幸せ度の高い項目はというと「健康寿命」に関しては世界3位となっています。
「社会的支援」は困ったときに頼れる親せきや知人がいるかを指しています。
また「寛容性」は過去1か月の間にチャリティに寄付をしたことがあるか、「信頼」は不満・悲しみ・怒りの少なさ・社会・政府に腐敗が蔓延していないか・・・を指しているそうです。

20190725-yjimage.jpg-000888.jpg

 東京オリンピックまでちょうどあと1年となりました。
先回の東京オリンピックの時には経済的にはまだまだ貧しかった感じでしたが、精神的にこれから豊かになっていくという実感があったような気がします。
 経済的に豊かになってきた今、まだまだ我々が幸せになっていくために身近なところでいろいろと努力をしていかなくてはならない感じがしてなりません。

20190725-yjimage.jpg-76567656.jpg 20190725-yjimage.jpg-99988870.jpg 20190725-yjimage.jpg-90573.jpg

 毎日毎日、希望をもって生きていきたいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 
積水ハウスがイギリスの住宅業界に本格参入とのことです。
積水ハウスは英国の行政機関及び総合不動産会社と協業して33億円を出資(出資比率35%)して今までのノウハウを駆使して英国内に工場生産の木造ユニット工法住宅の供給を試みます。

20190603-yjimage.jpg-989897.jpg 20190603-yjimage.jpg-7676753.jpg

 これは英国内における深刻な住宅不足の現実が背景に存在します。
積水ハウスは今後10年間で毎年30万戸の住宅を供給する体制強化を急いでいます。
これは積水ハウスの海外事業拡大のほか「社会課題の解決」を目指す企業理念にも合致する事業です。

 英国では需要と供給のミスマッチがあります。
その影響で新築住宅の価格が急騰しているのが現実です。
英国全体の新築住宅の需要が年間30万戸と見込まれているのに対して20万戸程度しか供給できていない。
英国の平均年収が350万円に対して、住宅の価格が約6倍である状況で、なかなか一般の方には新築住宅まで手が出ない状態ということだそうです。

20190603-yjimage.jpg-8887776.jpg 20190603-yjimage.jpg-898556.jpg

 積水ハウスには木造ユニット工法のノウハウがあるわけではありません。
このあたりの課題もありますが、工場を活用した住宅生産の調達や物流、設計、技術、維持管理などのノウハウで協業できると考えているようです。

 すでに現在今年度中に100戸の住宅の販売・着工が行われる予定ということです。
是と出るか、非と出るか、僕の出身母体でもある積水ハウスの将来に期待したいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 ここへきてまた新しいニュースが飛び込んできました。
トヨタホームとパナソニックホームズの合併です。
2020年1月7日から住宅と建設、街づくりの3事業を共同で推進するための合弁会社「プライムライフテクノロジーズ」が設立されます。
住宅業界もいよいよかといった感覚です。

20190522-IMG_20190522_0003.jpg

 これでトヨタ・ミサワ・パナソニックが一つになるわけです。
現在の売り上げがトヨタホームが1648億円、ミサワホームが3886億円、パナソニックホームズが3574億円ですから合わせて9108億円の売り上げのビッグカンパニー誕生ということになります。

 講演の席でこんなことをお話しすることがあります。
銀行が業界大編成に動いたように住宅業界も将来は積水ハウスと積水化学、旭化成が合体、住友林業と三井ホームが合体、大和ハウス工業、今回のトヨタ・パナソニックの合併で大きく4つの形になるのではというあくまで僕の予想範囲内での話です。

 つい最近のTV番組「ガイヤの夜明け」ではこんな事実が放映されました。
RIZAPの瀬戸社長が買収した横浜の住宅会社(株)タツミプランニングを創業101周年を迎えた大阪の総合建設業高松建設にRIZAPの経営状況の悪化に基づいて売却した事実です。これも驚きでした。

20190522-yjimage.jpg-07854.jpg 20190522-img01.jpg-121.jpg

 実は高松建設の社長、昨年社長になられましたが高松孝年氏、47歳とお若い社長です。
関西学院大学卒業後、積水ハウスに営業職として入社された方です。
その後高松建設に入社され今日に至る勉強家です。
 僕も高松社長から依頼されて講演を手始めに社員さんたちの研修もお手伝いさせていただきました。
副社長時代にいろいろとお世話になりましたが素晴らしいお方でした。
 ですから僕にとっても随分と身近な企業という感覚があります。

20190522-vtipo_macp-1.jpg

 かつての積水ハウス時代、僕が東京の支店長時代の社員だった中村悟君は今や東証一部上場の「M&Aキャピタルパートナーズ」の社長として立派な活躍をしています。
なんと日本で一番社員さんの年収の高い企業を築き上げました。
社員さん思いの優しい男です。
テレビではライオン社長ということでCMも展開しています。
個人的にかつてのメンバー中村社長を心から応援していきたい気持ちでいっぱいです。

 住宅業界も一寸先はどうなるかわかりません。
我々の業界もM&Aが当たり前になる時代となってきました。
そんな中、僕としては生き残りをかけて頑張っておられる住宅会社のお手伝いをこれからも可能な限りさせていただく覚悟です。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 ちょいちょい人生を振り返ることも出てきています。
後ろを見つめ直す事の中から明日の方向性を定めることもできているような気がします。

20190514-yjimageZGABNSFR.jpg

 どうせ生きていくのなら人生を楽しくしたい。
仕事をすることが必要なら面白く楽しい仕事にしていきたい。
出来れば仕事にチャレンジして、自分の成長につなげていきたい。
今もそんな風に思っています。
そんな風に思える自分が幸せなのかもしれませんね。

 今日もまた少しばかり自分の情熱を傾けながら関与先の社員さんに伝えていきます。
あなたは朝、会社に顔を出したときモチベーションが上がりますか・・・?
さあ今日も一日がんばろうと心に火をつけますか・・・?
それとも、また仕事か・・・いやだなぁと落ち込んでしまいますか・・・?

 辛い仕事、いやな仕事にぶつかってこそ、その課題を達成したときに自分の成長があるということに気づく人を創っていきたく考えています。
 大変な仕事だからこそやりがいがあるんだということを理解してもらいたく考えてもいます。

20190514-yjimage2I307U9U.jpg

 もちろん時間がかかることもあります。
はがゆさもあり、物足りなさもあり、ついつい意気込んでしまうこともあります。
ああ、まだ僕はこんな情熱を持っているんだと思うことと、いい年をして人間的に成長が足りないななどと思ってしまうこととがあります。

 地団太を何度も踏みながらも一歩一歩関与している社員さんたちの意識が高揚していくことは嬉しい事でもあります。
そして結果に結び付いていくこと、そんな中で彼らが自分自身の成長を自覚して仕事への意欲を更に高めていくこと・・・まだまだやりたいこと、やってみたいこともたくさんある様な気がしてなりません。

 いい年をして、若い層と同じように行動することは難しいことかもしれません。
けれども、自分の中でまだまだ情熱だけは負けていないなと感じることも随分とあるものです。

20190514-yjimage6RI9N5RV.jpg

 どうせ一度の人生ですからどこまでやりたいことができるものかどうか挑戦していきたく思っています。
 多少は自分をいたわりながら、時々は休息をとりながら、でも前だけは見つめて頑張っていきたく思います。