住宅業界にも今年も新入社員が入ってきました。
ただ例年と比べると、厳しい業界の現実を反映してか新入社員数が減っている感もあるようです。

null

 そんな中で各企業の社長の声を拾ってみました。
積水ハウス 阿部社長 「自ら考え行動しよう」
大和ハウス工業 村上社長 「人間力を高めよう」
ミサワホーム 竹中社長  「走れ、DO RUN!」
三井ホーム 中村社長 「広い視野と好奇心を持つ」
積水化学 根岸社長 「当事者意識を持とう」
東急リバブル 袖山社長 「前向きな姿勢で」
住友林業 矢野社長 「住友精神を忘れず」・・・・・など

 高い目標を持って、人間力をつけよう、和を大切に、先見性を身につけて・・・・・・など変革期の新人たちへの期待のこもった訓示がされていたように思います。

 新人が育っていくのも、そうでないのも組織という環境が大きく影響するものでしょう。



 満開の桜に新人たちの成長を願ってやみません。